不用品を賢く処分

    何かと不用品や粗大ゴミが溜まってしまう事があります。仕事で忙しかったり、引越の準備だったり理由は様々ありますが...

    Readmore

    サービス内容を確認する

    不用品回収業者はかなり多くの業者が存在します。業者によって料金体系やサービス内容に違いがあるので詳細を理解した...

    Readmore

    専門業者に頼む

    粗大ゴミのような大きなものを、処分する時は手間がかかります。そのため簡単にはできないことが多いのですが、専門の...

    Readmore

    回収方法の変化

    粗大ゴミなどを捨てる時は手間がかかり大変ですが、この不用品回収をする方法が最近変わってきています。以前は自分の...

    Readmore

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

廃棄処分以外の方法

ゴミ箱

不要になった家具や大型製品は処分に困りがちです。
サイズが大きいのでゴミ捨て場にまで運び出すのも大変ですし、自治体によって多少の違いはありますが、粗大ゴミは回収日も決められているので、その日に合わせて出さなければいけません。

しかも現在、粗大ゴミは回収してもらうのも無料ではありません。
数千円程度の有料での回収が主流です。
塵も積もれば山となります。
廃棄処分のためのコストも回数を重ねれば馬鹿にならない金額になって、家計を圧迫します。
そこで思考を転換して、こういった家具や大型製品をゴミとして廃棄するのではなく、不用品として欲しい人の元に届けることによって処分する方法はないかと模索するしてみるのも賢い手です。

粗大ゴミは不用品回収に


一番簡単なのは、それを欲しいという人にあげることですが、都合よくそれを欲しがる人がいるとは限りません。
フリーマーケットやネットオークションに出品するのも、サイズが大きいのでなかなか難しい状況です。
そういう時には、不用品の専門業者に当たってみるといいでしょう。
こういう業者は店頭へ持ち込んでの引き取り以外にも、出張して回収してくれる業者も少なくありません。
不用品回収業者も様々で、無料で回収してくれる業者もあれば、廃棄費用ほどではないにしても有料での回収しか行っていない業者もいます。
また品物によってはいくらかの料金を貰えて、黒字になるケースもあります。
反対に回収する品物によって全く取り扱いしない業者もいるので、注意が必要です。

不用品回収の利用でリサイクルを徹底する


不用品回収業者は初めから1件に搾らず何件かに打診してみて、見積りも取ってみて、一番条件の良い業者に引き取ってもらうのが賢い方法です。
こうやって業者に回収された品物は、基本的にはリサイクルに回されます。
場合によっては海外にまで欲しいという人を探して輸出し、再び利用される他、品物によっては部品などに解体されてパーツとして再利用されることもあります。
地球の資源は限られています。
もしゴミとして廃棄処分した場合はそれを燃やしたり埋め立てたりすることによって地球に負荷が掛かります。
単なるゴミとして終わらせるのではなく、再度の利用によって地球や環境に掛ける負担を減らし、循環型社会を確立して、今後も豊かな生活を送れるように心がけたいものです。

オススメリンク

サービス内容を確認する

不用品回収業者はかなり多くの業者が存在します。
業者によって料金体系やサービス内容に違いがあるので詳細を理解した上で契約する事が必要です。
こちらの条件にあう利用の仕方をすれば大変お得ですが、場合によっては割高感がある結果となる事も少なくないので注意が必要です。
不用品…Read more

関連リンク